先祖供養(年祭・慰霊祭)画像

先祖供養(年祭・慰霊祭)

授与品説明

正しく先祖供養すると家が繁栄する


私たちは、神様と先祖からの御守護をいただいてこそ、

日々を安寧に過ごすことができます。

神道では、これを「敬神崇祖」と呼んでいます。

 

●正しく先祖供養をすると家が繁栄する

 

先祖と子孫(今、生きている私たち)の関係をわかりやすく例えていうならば、

先祖は「木の根」にあたります。

あなたの両親が「木の幹」で、あなたは「木の枝」です。

あなたに子がいれば「木の葉」であり、孫や子孫は「木の実」なのです。

 

木の根は地中(霊界)に埋もれていて見えませんが、

地上(現実世界)の木の幹や枝葉を支えています。

どんな立派な大木も根っこが腐ってしまったら倒れて枯れてしまいます。

 

同じように、木の健全な成長(家族や子孫の繁栄)を願うなら、

根(先祖)を大切にするのは当然なのです。

先祖があって、今の私たちがあります。

先祖は目に見えなくても、霊界にあっていつも私たちを見守ってくれています。

 

正しく先祖供養をするとあなたの家が栄える、というのはそういうわけなのです。

 

御祖大元神宮・金吾龍神社では、毎月10日に慰霊祭(先祖供養)をねんごろに行っております。

 

万物万霊の生みの親(大元尊神)の御力により、

先祖(故人)の霊魂を浄化し、高い次元の霊界へと昇魂いたします。

菩提寺のある方も、そうでない方も、どなたでもお受けすることができます。

 

あなたに連なる「先祖代々の霊」すべてを供養祈祷いたします。



●日本全国から郵送祈祷でお申込みできます。

ご事情により、参列が難しい方でも、郵送祈祷でもお受けしております。
神職が、お申込み日から直近の「10日」の朝に慰霊祭(先祖供養の儀式)を執り行います。

Copyright ©金吾龍神社 Web授与所|日本全国郵送/御朱印・お守り・ご祈祷・御祈願 All Rights Reserved.