厄年は、心身の病気や災厄が起こりやすい年として、昔から忌み慎ましれてきました。
特に男性の42歳、女性の33歳は「大厄」といわれ、最も気をつけなければならない年とされています。
厄年は人生の転換期であることを自覚し、今後の人生を無事安泰に過ごせるように、お祓い(厄祓い)を受け、無病息災を祈願するのが「厄除け祈願」です。

また、八方塞がりの年とは、生まれた年の星の巡り(九星)により、九年に一度、自分の生まれ星のまわりを塞がれるため、移転・転職等の新しい動きがあることは特に慎重にすることが望ましい年です。
その星の巡りが中央に位置する年齢は、古来より「八方塞がりの厄年」とされ、厄除け(八方除け)が必要な年になります。 
今年は、九星のうちの「一白水星」の方が厄除け(八方除け)が必要な八方塞がりの厄年にあたります。

厄年および、方位による「八方塞がり」の厄年の早見表はこちら。
2 件 (1 ~ 2 件目)
お申し込み内容確認
当社からのお知らせ

新年・2019年1月1日から6日の間は社務が大変混雑いたします。
その期間内にお申込みされたご注文は、1月7日以降に順次処理を開始させて頂きます。
あらかじめご了承ください。

年末年始は天候や交通事情により、品物がご希望の配達指定日に到着しない場合がございます。
また、お問い合わせも大変混み合い、繋がりにくくなっております。
お客様には誠にご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さいませ。
(品物の遅配については、直接、配送会社へお問い合わせくださいませ。)

期間中にいただきましたお問い合わせにつきましても、1月7日以降から順次対応させていただきます。
Copyright ©金吾龍神社 Web授与所 All Rights Reserved.