厄年は、心身の病気や災厄が起こりやすい年として、昔から忌み慎ましれてきました。
特に男性の42歳、女性の33歳は「大厄」といわれ、最も気をつけなければならない年とされています。
厄年は人生の転換期であることを自覚し、今後の人生を無事安泰に過ごせるように、お祓い(厄祓い)を受け、無病息災を祈願するのが「厄除け祈願」です。

また、八方塞がりの年とは、生まれた年の星の巡り(九星)により、九年に一度、自分の生まれ星のまわりを塞がれるため、移転・転職等の新しい動きがあることは特に慎重にすることが望ましい年です。
その星の巡りが中央に位置する年齢は、古来より「八方塞がりの厄年」とされ、厄除け(八方除け)が必要な年になります。 
今年は、九星のうちの「一白水星」の方が厄除け(八方除け)が必要な八方塞がりの厄年にあたります。

厄年および、方位による「八方塞がり」の厄年の早見表はこちら。
2 件 (1 ~ 2 件目)
Copyright ©金吾龍神社 Web授与所 All Rights Reserved.